2004年12月12日

CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)

【概要】
 CFPはCFP資格認定委員会(CFPボード 本部・米国コロラド州)と日本FP協会が提携し、導入された国際ライセンスです。AFP資格取得後、1年間の実務経験(会員在籍期間)があり、CFP資格審査試験に合格、協会が定める倫理規定厳守にサインすることでCFPライセンスが授与されます。

【受験資格】
 
 ・AFP資格取得者 (ただし、CFP資格審査試験に合格してもAFPとしての実務経験(会員在籍)が1年以上なければ、CFPの資格は授与されません。)

【CFP資格審査試験について】
 
 ・試験は通常年2回(6月・11月)に実施されます。
 ・課目は6課目
  
  1,金融資産運用設計
  2,不動産運用設計
  3,ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  4,リスクと保険
  5,タックスプランニング
  6,相続・事業承継設計
  以上6科目全ての合格が必要です。
 
 ・ 問題は4答択1式
 

 
posted by ケイ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)

【概要】
 AFPはNPO法人である日本FP(ファイナンシャルプランナーズ)協会が認定する民間資格です。日本FP協会の認定する講座を修了し、資格認定試験に合格後、日本FP協会に正会員として登録することによってAFPライセンスが授与されます。
 AFPの資格認定試験は、国家資格である『2級FP技能検定試験』が兼ねています。つまり、AFPの資格を持っているということは、2級FP技能士の資格を持っていることになります。ただし、2級FP技能士の資格を持っていても、AFPの資格を持っているとは限りません。

【受検資格】
 
 ・国家資格『2級FP技能検定』の受験資格者 (ただし、試験に合格しても日本FP協会の認定する講座を修了し、日本FP協会に登録しないとAFP取得にはならない。)
  
posted by ケイ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

FP技能士

【概要】
 国家資格であるFP技能士の技能検定は1級、2級、3級とも学科試験と実技試験で行われます。学科試験は○×式、三答択一式、四答択一式です(方式は等級による)。実技試験は選択科目方式となっており、試験科目を選択して受検します。

例えば、3級の実技試験の選択科目は『個人資産相談業務』と『保険顧客資産相談業務』の2科目から1科目を選んで受検します。

余談ですが、僕はこの実技試験というのを最初、顧客に扮した面接官の前で受検者が相談業務を行い合否判定されるんだと思っていました…。こんなの緊張して絶対に受からん!とあきらめていたのですが、よく調べるうちに実技試験も筆記試験だとわかり一安心しました。

2級と3級は、学科試験と実技試験を同じ日に受検します。1級は、学科試験合格後に実技試験を受検します。

【受験資格】
[3級 学科・実技試験]

 ・FP業務に従事している者、または従事しようとしている者

[2級 学科・実技試験]
 
 ・3級技能検定の合格者
 ・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
 ・日本FP協会が認定するAFP認定研修を終了した者
 ・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
 
  上記のうちどれか一つに該当する者

[1級 学科試験]

 ・2級技能検定合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
 ・FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者
 ・厚生労働省認定金融渉外審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

  上記のうちどれか一つに該当する者

[1級 実技試験]

 ・1級学科試験の合格者(ただし、合格日が実技試験の行われる日の属する年度及びそ  の前年度並びに前々年度に属するものに限る)
 ・1級技能検定(資産設計提案業務)合格者
 ・日本FP協会のCFP認定者
 ・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者(ただし、合格日が実技試験の行われる  日の属する年度及びその前年度並びに前々年度に属するものに限る)

  上記のうちどれか一つに該当する者
  




posted by ケイ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

FP資格の種類

ファイナンシャルプランナーの資格には1級、2級、3級やAFP、CFPと種類がいろいろあって、よくわからないという人がいると思います。

僕もFP技能検定の3級を受けると決め、参考書を買いに本屋さんに行った時、AFP、CFPなどの参考書があり混乱しました。

なので、ここでは資格の種類とそれぞれの受験資格、試験概要について説明します。

FPに関する資格には、大きく分けて次の3種類があります。

1、国家資格である、FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士

2、民間資格である、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)

3、国際ライセンスの、CFP(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)

1のFP技能士は2002年度から新たに生まれた資格で、1級、2級、3級と等級があります。職業能力開発促進法に基づく技能検定(労働者の有する技能を一定の基準のよって検定し、これを公証する国家検定制度で、労働者の技能と地位の向上を図ることを目的としている)に合格した者に『技能士』の称号を付与する国家資格です。

2のAFPはNPO法人である日本FP(ファイナンシャルプランナーズ)協会が認定する民間資格です。日本FP協会の認定する講座を修了し、資格認定試験に合格後、日本FP協会に正会員として登録することによってAFPライセンスが授与されます。

3のCFPはCFP資格認定委員会(CFPボード 本部・米国コロラド州)と日本FP協会が提携し、導入された国際ライセンスです。AFP資格取得後、1年間の実務経験(会員在籍期間)があり、CFP資格審査試験に合格、協会が定める倫理規定厳守にサインすることでCFPライセンスが授与されます。
posted by ケイ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

お金についての考え方

実は僕自身、お金に関してほんの半年ぐらい前までは全然興味はありませんでした。

もちろん、欲しいものがあって自分のおこづかいが足りないような時は『お金があったらな〜、お金が欲しいな〜』とは思っていました。

だからといって、積極的に節約したり、お金をもっと稼ぐために人一倍頑張ったりなんてことはしませんでした。

それより、『自分の収入の範囲で生活していければ、それでいいや』と思っていました。

社会人になり、学生の時よりは収入も増え、少し余裕があれば、よく人に飲み代をおごったりもしていました。

なので、就職して1年半がたった時、貯金なんてまったくありませんでした。ほんとに0円だったんです。

それなのに、あまり危機感もなく何とかなるだろうと考えていたのです。

今考えると、ほんとに馬鹿だな〜と我ながら情けなくなりますが…

そんな僕にも、一応『夢』がありました。それはいつか、自分でカフェを開きたいという夢でした。

社会人になり、仕事にもようやく慣れてきた頃、その夢を真剣に考えるようになり、カフェを開くには実際いくらぐらいお金が必要なのか、それを貯めるには毎月いくら貯金して、何年かかるのかを計算しました。

そのとき計算した結果はこんな感じです。
1、開業予定日までの残り期間 34ヶ月
2、カフェを開くのに必要な自己資金 500万円
3、毎月の貯金額 10万円

まず、1の期間なんですが、僕は今までもずっと『いつかはカフェをやりたい』と思いながらも、結局は実行に移せずにダラダラと毎日を過ごしていました。だから、まずいついつまでと期限をつけようと思いました。それまでに絶対に目標を達成すると決めました。

次に2の必要な自己資金ですが、これはいろいろ本や雑誌で調べて、既にカフェを開業している方達の平均的な金額が500万円でした。自分がやりたいカフェの規模や立地を考えると足りないと思うのですが、最低ラインとして考えました。

そして、3の毎月の貯金額は、今現在の収入でできる限りの貯金額が10万円だということです。

それで、計算すると

10万円×34ヶ月=340万円!

あれれ、足りないじゃないですか?!

そうなんです、足りないのです。もちろん、開業予定日を遅らせれば何とかなるのはわかっているのですが、そんな事はしたくありません。

今までも、そうやってダラダラと時間が過ぎてしまったから…

でも、目標は達成したい!そのためにはどうしたらいいんだろう?と考えはじめました。

もちろん、その頃にはかなり生活費は節約していたし、今の仕事を辞めて、もっと収入の多い職に就こうかとか、副業をしようかとか、いろいろ考えていました。

そうやって、毎日お金の事ばかり考える日々が続きました。

そんなある日、仲の良い友達3人と久々に飲みにいきました。いろいろと話をする中で、みんなの貯金はどれぐらいあるのか?という話題になりました。

僕自身の貯金額はその頃、ちょうど30万円貯まったところでした。まだまだ、少ないと思いましたが、みんなもそんなに貯金なんてないだろうと考えていました。

しかし、友人のうちの1人は僕が社会人になる3年前から既に働いていた事もあり、また結婚資金を貯めているということで、300万円ほどあるといっていました。

そして、もう一人の友人は仕事が忙しくてお金を使う時間もなく、一年間で140万円貯金したといっていました。僕は実家暮らしですが、この友人は一人暮らしで家賃や生活費もかなりかかるはずなのに140万円も貯金したのです。

あとの、一人は大学院をでて働きだしたばかりだったのですが、月に8万円は貯金していると言っていました。

正直、僕はショックでした…

今まで自分は一体なにをしていたのだろう…

と、すごく落ち込みました。お金に関して、まったく何も考えていなかった自分がとても恥ずかしく、情けなく、悔しくなりました。

その頃から、やっとお金について真剣に考えるようになりました。

将来、自分の夢をかなえるため以外にもたくさんのお金が必要だという事、結婚資金や、子供ができたときの養育費、住宅資金や老後資金など。

そんな事を考えるうちに、自分の両親のことを思いました。

僕の両親は、共働きで父親は自営業、母親は会社に勤めています。そんな両親が、僕の兄と僕を育てるのに一体いくらお金が必要だったのか、そのためにどれだけ必死に働いてきたのかという事を考えました。

もちろん、考えても本当のところはわかりません。でも、想像以上に大変だったろうと思います。だから、ほんとに両親には感謝しています。早く、親孝行してあげたい。でもそのためには自分自身がしっかりと基盤を築かないといけないと思います。

そして、今僕はFPというお金に密接した資格取得を目指して勉強しています。しかし、僕はFPになりたい訳ではないのです。先ほど話したように別な夢もあります。

でも、お金はほんとに人が幸せになるため、夢をかなえるためにはとっても重要な要素だと考えていて、そのお金をうまく活用していきたいと思っています。

つまり、僕はこのブログのサブタイトルである『マネーの達人』になりたいのです。





posted by ケイ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

単純な動機!?

このブログはファイナンシャルプランナーの資格取得を目指す作者の奮闘日記です。

世の中、お金が一番大事!…とは、思いませんが、世の中のすべての事にお金が関係しているのは事実。

人の人生からお金を無視することはできないのです。

だから、お金について学びたくなっちゃいました!

これって、ごく当たり前なことでしょ!?

そんなブログです…。
posted by ケイ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。